「まい」という日本語について

「まい」という日本語について

「雨は降らないだろう」という日本語を、意味を変えずに短く言いかえてごらん

と聞くと、結構生徒さんは固まってしまいます

‥正解は「雨は降るまい」ですよね。

助動詞「まい」の意味を答えよと言われれば、「打消推量」が正解です。
「まい」という日本語を、日常生活の中でまず使わないから、
ぱっと思い付かないんですよね。
しかしもちろん立派な日本語。思い出しておく必要があります。

「テストで悪い点数とっちゃった‥次のテスト前は、もうさぼらないようにしよう」
→「もうさぼるまい」ですね。
意味は「打消意志」が正解となります。
古文の文法だと、「じ」という助動詞が=「まい」になります。

どうでもいい話ではありませんよ!
「雨振らじ」を「7文字以内で現代語に直せ」という問題は、
結構お約束の出題パターンです。

「雨は降らないだろう」では字数オーバーですから、
「雨は降るまい。」しか正解はありません。
どうか「まい」という日本語を大切にしてあげてくださいね!