自分に合った先生に

自分に合った先生に

家庭教師って意外に少ないですよね。
あ、家庭教師自体がじゃなくて家庭教師に勉強を習ったことが
ある人って意味です。

僕は家庭教師派ですね、派があるかどうかは分かんないけど。

でも、全て良いわけじゃないんですよね、3人の家庭教師さんに
習ったけど、見事なくらい良い・普通・悪いみたいな個性あふれる
3人から習いました。

普通はいいですよ、まず勉強する時間とれるだけでもね、
じゃないと勉強しないから。

悪いってのが質とか頭の良さじゃなくて、相性。
これはかなり大事です!頑張ろうって思わないと勉強なんか
やんないでしょ、それが相性悪いとその日、その時間が来るたびに
憂鬱になっちゃうんですよ。

それに比べて良いの先生はこれも勉強の内容じゃなくて相性。
逆に合う時が楽しみなんですよ!
決して男性女性で差別なんかしてないからね!

勉強の後のコミュニケーションが楽しいんです!
ゲームしたりたわいもない話したり、それで仲良くなるし
信用するし好きになるし。

褒められたりから勉強頑張っちゃうんですよねー。

家庭教師の能力がそんなに変わらないなら絶対相性って大事だと
思うよ。面接できればいいけどね。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

著者:新井 紀子

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

著者:尾原 和啓

究極の男磨き道 ナンパ

著者:零時レイ

君たちはどう生きるか

著者:吉野源三郎

世界最高の子育て――「全米最優秀女子高生」を育てた教育法

著者:ボーク重子