計算ミスについて

計算ミスについて

算数・数学学習の最大の敵といえば「計算ミス」ですよね。
不注意な計算ミスで点を失った苦い経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

計算力に問題があるというのは大きく2つの種類に分けられます。
1つは「速さ」であり、もう1つは「正確さ」です。
「速さ」に問題がある場合は、制限時間内に計算問題を解く練習を繰り返し行うのが
一番です。
難しいのは「正確さ」に問題がある場合です。この「計算ミス」を防ぐ方法について、
ぜひ意識してみてください。
最も簡単な方法は、「見直し」をすることです。

第二に、計算が遅いパターンと同様ですが、「制限時間内に計算問題を解く」ことです。
これによって「時間感覚」が身につくだけでなく、本番と同じ「緊張感」に耐えて
計算問題を解く練習が出来る点です。

第三に「計算のプロセスを分かりやすくする」ことです。
数字を丁寧に書いたり、計算式をよりシンプルな形に直したりすることです。

第四に、自分の計算ミスを分析して「ミスのパターン」を見つけ出すことです。
自分のノートや答案を見て、「どんなところで」「どのように」ミスをしているのかを
調べるのです。
自分の「ミスのパターン」は、」「計算力自体の不足」からきているのか、
そうでなければ「本人の性格」から来ているのか、どちらかであることが多いのです。

第四に、自分の計算ミスを分析して「ミスのパターン」を見つけ出すことです。
自分のノートや答案を見て、「どんなところで」「どのように」ミスをしているのかを
調べるのです。
自分の「ミスのパターン」は、」「計算力自体の不足」からきているのか、
そうでなければ「本人の性格」から来ているのか、どちらかであることが多いのです。

「ミスのパターン」を見逃さないようにしましょうね!
厳しく言えば「ミスも実力のうち」ですからね!



■■■ おススメ書籍 ■■■

得点力が一気にアップ! 算数のケアレスミスが驚くほどなくなる本


算数のケアレスミスが多いあなたへ。すぐに使える解決策が満載!
じわじわと効いてきて、効きめが長持ちする考え方やノウハウを
お教えします。
着実にミスが減るだけでなく「本当の算数力」まで身につきます!



著者:福嶋淳史